カテゴリー '13太鼓まつり '12太鼓まつり 八幡あれこれ ちょっとぶらり

2010年04月11日

大扉稲荷社 宝くじの神様にお祈りしてきました 八幡市

大扉稲荷社

石清水八幡宮の表参道、「七曲り」を過ぎた先にある朱色の鳥居
「大扉稲荷社 おおとびらいなりしゃ」石清水八幡宮の末社です
この稲荷社に詣った人が富くじをあて、その寄進によって建立されたそうです
京都七条の高瀬川傍で稲荷を信仰し、占いなど神のお告げをしていた「石井巳之助」という人によって、「我は相槌稲荷の子、名を登毘良明神と申す」とのお告げを受けたとか(男山考古録より)

大扉稲荷社

信仰される方といっしょに重い扉を開けてお参りしてきました
中に入ったのは初めてです なんとお賽銭箱の下には 宝くじ
ほうきがあったのでお掃除もしてきましたよ ごりやくあるかなあ
宝くじを買われたらお参りされてみてはいかがでしょうか

大扉稲荷社

大扉稲荷社

大扉稲荷社

萱島から来られていた二人連れのご婦人に大扉稲荷社の話をすると興味深そうにされていました
遠方から八幡に来られるみなさんにも是非おまいりしていただきたいですね
下の写真は七曲りを降りたところの「相槌神社」

相槌稲荷社


posted by なかい at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 八幡あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
 八幡市内には歴史的に不思議な遺物が沢山残っていますね!
事実が戯曲になったのか、戯曲が事実になったのか! よう判らん・・・・・・

追い鎚は有名な戯曲だし、朝日屋裏の双蝶曲輪日記も歌舞伎の演目だし・・・・・・
Posted by イタセンパラ at 2010年04月11日 23:16
イタセンパラさん、本当に私たちの住んでる直ぐそばにいろいろあるもんですね
今まで何回となく通って見ていたものが、また新鮮に映ります
知らないことばかり、いろいろとおしえてくださいね
Posted by なかい at 2010年04月12日 15:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。